ホットヨガカルドの評判からわかった注目ポイント

ホットヨガカルドの評判

ホットヨガカルドの看板などを見ると「痩せられそう」「気持ちよさそう」という感想を持ちますよね。

でも、ホットヨガって初めての場合が多いですよね。

実際にホットヨガカルドって どんなところ? 料金は? 効果は? そんな疑問にお答えしていきます。

ホットヨガカルドに向いてる人は運動が苦手・嫌いな人

ホットヨガカルドの評判/運動が苦手

運動不足やダイエットなどの目的で、ジョギングをしたりスポーツジムに通ったりすることもありますが、そもそも「運動が嫌い」「運動が苦手」な人は長く続きませんよね。

でも運動をしたほうがいいのはわかってる・・・そんな人にこそホットヨガはおすすめです。

普通のヨガをイメージすると、「簡単そう」に思えますよね。で、実際簡単なんですよw

ただ、簡単なだけに「あまり運動にならない」というデメリットがあります。それを解消するのが「温度の高い環境で行うこと」なのです。

暑い環境では、ヨガのようなちょっとした運動でも体力を使います。でも「ぜぇぜぇ、ハァハァ」といったしんどい思いはしなくて済むので、運動が苦手や嫌いな人でもスッキリ気持ちよく汗をかけますよ。

簡単動作でダイエット!ホットヨガカルドの詳細はこちら

ホットヨガカルドを選ぶなら「通いやすい場所」を優先しよう

ホットヨガカルドの評判/通いやすさで選ぶ

ホットヨガのスタジオを決める時に、一番重要なのは「通いやすい場所」かどうかです。

何でもそうですが、習い事というのは、行くまでの「面倒くささ」をどれだけ無くせるかが大事になってきます。

「雨が降ったからやめよう」とか「遠いから面倒だ」とか、何かと行かない理由をつけて遠ざかっていくんですよね。

だから、ホットヨガに限らず習い事をするときには、自分のライフスタイルの導線上にある通いやすい店舗に行くようにしましょう。

全国100店舗以上あるホットヨガカルドの店舗検索はこちら

ホットヨガカルドの体験レッスンは必ず受けよう

ホットヨガカルドの評判/体験レッスン必須

ホットヨガカルドに行くと決めたら、すぐに入会するのではなく「体験レッスン」を受けてみましょう。

体験レッスンはカルドのどの店舗でも実施していて、980円と大変お得です。

ホットヨガは意外に運動量というか、体力を使うんだってことが、やってみないと分からないんですよね。

運動強度的にはしんどくないのですが、消費カロリーは多いので体力的にキツさを感じるので、まずは体験してから始めるのが確実です。

カルド体験レッスンの予約方法

体験レッスン予約方法

ホットヨガカルドの公式サイトの「体験レッスンに申し込む」ボタンから、通いやすいスタジオを選びます。

選んだスタジオのレッスンスケジュールが表示されたら、日時と希望のレッスンを選びます。

レッスン選びのポイント
  • 初心者の場合は、「ベーシックヨガ」「ビギナーヨガ」「ハタヨガ」など基本のレッスンを選ぶといいですよ。

あとは、必要事項を入力していけば予約完了です。開始時間の30分前に店舗に行くようにしましょう。

カルド体験レッスンの持ち物

体験レッスンの持ち物で最低限必要なのは「下着」「水」だけです。

ウエアやタオルも持っていってもいいのですが、レンタルもできる(体験料金に込み)ので、荷物が多くて困るひとは借りてもいいでしょう。

体験レッスンの持ちもの
  • 【必須】下着上下
  • 【必須】飲料水1リットル以上(スタジオでも販売あり)
  • (任意)ウエア上下(スポーツウェアで半袖など袖が短いものが好ましい)
  • (任意)バスタオル、フェイスタオル
  • (あるといいかも)メイク落とし、スキンケア用品、ヘアゴム

カルド体験レッスンので見ておくこと

体験レッスンで見ておきたいのは、ホットヨガが自分に向いているのかはもちろんですが、以下のことも確認しておくと良いでしょう。

体験レッスンの確認ポイント
  • 店舗の場所(通いやすいかどうか)
  • 設備(シャワールームやパウダールームの数、スタジオの広さなど)
  • インストラクターやスタッフ(印象は良いか、指導はわかりやすいか)
  • レッスンスケジュール(通いたい時間に、やりたいレッスンがあるか)
  • 月会費(店舗ごとに料金が違うのでよく見ておく)


ホットヨガカルドの口コミや評判

ホットヨガカルドの口コミ

ホットヨガカルドで実際に体験レッスンを受けた人や、通っている人の評判はどうでしょうか。

いろんな口コミサイトから、良い口コミと悪い口コミをまとめて、メリットやデメリットを考えてみます。

店舗ごとで料金や設備などが変わってくるので、あくまで参考程度にして、最終確認は自身で体験レッスンを受けて確認しましょう。

ホットヨガカルドの良い口コミ評判

もともとホットヨガではない、普通のヨガスタジオに通っていましたが、更なるダイエット効果を求めて、ホットヨガをやってみることにしました。
それで自宅から一番近いホットヨガスタジオがCALDOでした。やはり家から近くて通いやすいというのは一番大事だと思っています。広告をよく見かけていたし、都内にスタジオが多くあるのを知っていたので、安心して登録することができました。通い始めて半年。最近代謝が上がっているのか、少し動くだけで体がポカポカしてくるような感覚があります。スタジオもきれいだし、講師の方も丁寧に対応してくれるので、満足しています。-引用:みん評より

やはり家から近くのカルドに通うというのが長続きのコツかもしれませんね。

代謝が上がると女性特有の不調も改善していくので、普通のスポーツジムなどよりおすすめなんですよ。

予約しなくても時間に間に合えばレッスンを受けることができるので、仕事が早く終わったときに利用しています。個人レッスンや少人数制のような丁寧な指導は受けられませんが、見本を見て真似をして、汗をたくさんかくので満足しています。
私が利用しているスタジオには岩盤浴やトレーニングルームもあるのでとてもお得です。汗をたっぷりかいた後に、シャワーで流して帰ることができるので気分が良いので、週に2回程度続けて利用しています。
体を温めて、ゆっくりしっかり動かすことができるので、運動音痴の私にぴったりでした。-引用:みん評より

ホットヨガカルドは予約制ではないので、いつでも思い立った時に行けるのが魅力的です。

また、店舗によってはジムも併設されているところもあり、ホットヨガ会員が自由に使えるというスタジオもあります。

運動音痴でもヨガは難しくないので、運動が苦手でも安心です。

自宅近くにオープンしたのをきっかけに通っています。平日は22時半に終わるクラスがあるので、仕事が終わり子供にご飯を食べさせてからでも通えます。
短時間ですが、ヨガに集中してる時は仕事や家事のことを忘れられ、汗をかいてスッキリするので、リフレッシュ出来ます。
何よりずっと硬かった体が少しずつ柔らかくなったのが嬉しいです!クラスごとに内容やインストラクターも違うので、どのクラスに行くか考えるのも楽しいです!これからも続けていきます!-引用:みん評より

ヨガの本来の目的は瞑想やリラックスですから、ホットヨガでもレッスンにメンタルケアが組み込まれているものが多いです。

そして、ヨガって同じポーズを繰り返すようなイメージがありますが、プログラムは20種類以上もあって、それぞれ効果や目的が違うので、飽きずに楽しめます。

ヨガをやったことがある人でも、ホットヨガを体験してみると全然別物だと言われます。

ハードな運動ではないものの、適度な疲労感で心も身体もスッキリできるのが、ホットヨガのいいところですよね。

ホットヨガカルドの悪い口コミ評判

よく汗をかくほうなので、生理中に利用した時は途中で気分が悪くなり退席してしまいました。
すぐスタッフの方がついてきてくれて、なるべく中央で行うことで空気が循環するんで、次回から是非試してみてください。と教えてくれたので次の日行った時は何事もなく最後まで出来ました。-引用:みん評より

ホットヨガは室温を高めるので、クーラーのない真夏の部屋でヨガをするような感じです。

だから、体調が悪い人が無理に行うと、脱水したり、気分が悪くなったりすることもあります。

舐めてかかると思わぬ不調に見舞われるので、しっかりと体調管理をして臨みたいところです。

カルドの仕組みやヨガに期待して申し込みしました。今から楽しみです。ただ会員申し込みの時にオープニングスタッフの受け付けの人の対応にとてもウンザリ!事務的で冷たい。早く終わらせたい口調でこちらが質問するとうるさそうな顔をして説明してました。-引用:みん評より

受付スタッフなどの対応というのは、店舗ごとに違いますから、ハズレを引くこともあります。

とくにオープニングスタッフは、まだまだ業務に慣れていないので尚更です。

体験レッスンでスタッフの印象を見ておくのもいいかもしれません。

カルドのヨガに通ってます。
今日は、2分遅れて出来ませんでした。
遅れた自分がいけないのですが、こんなにどうしようもないものなんでしょうか?
自分に非があるとは反省してますが、何かあまりサービスもない気がしてイラッとしました。-引用:Yahoo知恵袋より

ホットヨガカルドでは基本的にはレッスン途中で入室することはできません。(店舗によっては入れるところもあるらしいですが)

これは、ヨガは自分と向き合う精神統一や集中することも目的の一つなので、途中で入室することは他の人に「雑念」を与えることになってしまいます。

だから、レッスン中は私語も禁止です。ヨガの特性上仕方のない部分ですね。

ホットヨガカルドは予約制ではないので、時間帯や店舗によっては混んでしまうこともあります。

整理券なども配られますが、せっかく来た人を追い返すわけにもいかないので、たくさん入れることもあるようです。



[ホットヨガカルド/評判]LAVAとロイブとの比較

ホットヨガ比較

自分が通いたい地域に、ホットヨガスタジオが何件もある場合は迷いますよね。

ホットヨガスタジオで店舗数が多いカルド、LAVA、ロイブで料金を比較してみました。店舗ごとに料金が異なるので、以下は同じ地域にある池袋店で比較しています。

池袋店で比較 カルド LAVA ロイブ
体験レッスン 980円 1000円 500円
入会金など キャンペーンで無料 体験レッスン当日入会で無料 6,076円(事務手数料込)
月4回プラン 7,020円 10,300円 9,396円
デイプラン 8,640円 13,300円 12,960円
通い放題 10,260円 15,300円 14,904円

体験レッスンはどのスタジオもあります。価格もリーズナブルなので、3つとも体験してから決めてもいいかも。

一番コストがかかるのが月会費ですが、その点はカルドが圧倒的に安いです。

また、カルドは予約不要でいつでも行けるのに対し、LAVAやロイブは予約制となっています。確実に行ける予約制にするか、ふらっと行けるカルドにするかは好みですね。


上記のような口コミもあり、LAVAは物販にも力を入れているので、営業も盛んなようです。

近くにスタジオがかぶっているなら安いカルドがおすすめですが、近くに1つしかスタジオが無いなら、少し高くても通いやすさで選ぶほうが長続きすると思います。



[ホットヨガカルド/評判]料金について

ホットヨガカルドの料金

ホットヨガカルドに通う場合、必要な料金は以下のようなものです。

カルドに通うのに必要なお金
  • 体験レッスン代(980円)
  • 道具代(ウエア・タオル・水など)
  • 月会費やレンタルオプション費用(月額)

あとは、通う場所によっては交通費などもかかります。

関連記事:ホットヨガカルドのコスパ

ホットヨガカルドの入会金

英会話でもスポーツジムでもそうですが、入会金や事務手数料という初期費用がかかります。これは口座振替の手続きの費用や、会員証の発行、それにかかる人件費などが計上されています。

ホットヨガカルドの入会金は、現在のところキャンペーンで無料になっています。入会金のほか、事務手数料や初月会費、オプション2ヵ月分も無料になります。

ただし、このキャンペーンが適用されるには、6ヵ月通うという約束が必要になります。

ホットヨガカルドの料金プラン

ホットヨガカルドの料金プランは大きく分けて3つあります。

月に4回通える「マンスリー4」、平日昼間が通い放題となる「デイタイム」、全営業時間で通い放題の「フルタイム」です。

自分のライフスタイルやホットヨガをする目的などを考えて、自分に合ったプランで契約しましょう。

料金は店舗ごとに異なるので、通いたい店舗のWEBサイトで確認して下さい。

プレミアム会員・フルタイム会員

ホットヨガカルドのプレミアム会員・フルタイム会員は、全営業時間で通い放題(1日1レッスン)になるプランです。

さらにプレミアム会員であれば、バスタオル2枚、フェイスタオル1枚、ウェア上下、シューズ(フィットネスジムがある場合)のレンタルと、ミネラルウォーターが毎回付いてきます。

店舗によってはグランドプレミアム会員というものもあり、加圧ボディメイクとホットヨガに、レンタルフリーと契約ロッカーまで付いてきます(店舗により取り扱いや内容が異なる)。

デイタイム会員

ホットヨガカルドのデイタイム会員は、平日10時から17時まで通い放題(1日1レッスン)になるプランです。土日祝と夜間は利用不可になります。

サービス業で平日に休みが取れる人や、平日に時間が取れやすい主婦の方に向いています。逆に平日フルタイムで働いている人には向かないプランです。

価格もフルタイムよりリーズナブルになっているので、お得なプランです。

マンスリー4会員

ホットヨガカルドのマンスリー4会員は、一か月の間に4回、つまり4レッスン受けられるプランになります。

週1回やれば十分という人は、マンスリー4会員が向いています。

さらにマンスリー4とは別に「デイタイム4」というプランがある店舗もあります。デイタイム4は、平日10時から17時の中で、1ヵ月に4回レッスンが受けられるというプランです。

マンスリー4やデイタイム4は、プランの中で一番安くなっています。

ビジター・時間外利用

ホットヨガカルドは基本的には1日1レッスンしか受けられませんし、デイプランなどでは利用時間の制限もあります。

しかし、それ以外の時間帯にレッスンを受けたい場合や、1日2レッスン受けたい場合、追加料金を払うことで可能になっています。

また、会員以外の家族や知人をレッスンに参加させることができる会員同伴ビジター(有料)もあります。

急に行きたくなったときなどに使えそうですね。

ホットヨガカルドのオプション

ホットヨガに通うときには、意外に荷物が多くて大変という口コミも多いです。

それを受けてホットヨガカルドでは、利用者が快適に通えるように、さまざまなオプションサービスを提供しています。

オプションサービスをうまく利用して、荷物を減らしたりすることで、通うのが楽になりますよ。

ちなみにオプションプランの料金も各店舗によって異なりますので、各店舗のWEBサイトを確認してください。

タオルやウェアのレンタル

ホットヨガカルドでは、ヨガマットの代わりにバスタオルを敷きます。なので、レッスン用のバスタオルとシャワー用のバスタオルが2枚必要です。

それとレッスン中に使用するフェイスタオル、ホットヨガをするときに着るウェアを合わせると結構な荷物ですよね。

「タオルプラス」や「レンタルフリー」というオプションプランを利用すれば、タオルやウェアを持参する必要がなくなるので、手ぶらで通うことができるようになります。

水素水オプション

ホットヨガで必須なのは飲料水です。汗をたくさんかくので、その分水分補給をしないと脱水してしまいます。

1レッスンで1リットル以上の水が推奨されていますが、1リットルは単純に重さにして1kgなので相当重いです。

それを毎回持っていくのも大変なので、ホットヨガカルドでは店舗に水素水サーバーを置いて、自由に飲めるオプションを用意しています。

専用のボトルを購入してオプションプランに加入すれば、スタジオにいる間は水素水が飲み放題なので便利です。

契約ロッカー

ホットヨガカルドには、利用者が自由に利用できるロッカーがあります。荷物や着替えをレッスン中一時的に入れておくためのロッカーです。

それとは別に、オプションプランで個人的に使用できる契約ロッカーというものがあります。

契約ロッカーは自分専用なので、例えばタオルやスキンケアグッズ、水素水のボトルなどを入れっぱなしにしておけます。毎回持っていくのが面倒なものを入れておくと便利です。

店舗ごとにロッカーの大きさや料金は異なるので、各店舗で確認してください。

安心バリュープラス(ベネフィット)

安心バリュープラス

ホットヨガカルドには「安心バリュープラス」というオプションがあります。これは簡単に言えば「保険」のようなものです。

ホットヨガのレッスン中に足を捻挫したり、転倒してけがをした場合に、お見舞金が出るというものです。ただし、施設外の事故や天災、持病の悪化などでは見舞金は支払われません。

また、このオプションはベネフィットというサービスで、加入しているだけで、全国のいろんなお店で優待が受けられる特典もついています。

詳しくはベネフィットのWEBサイトをご確認ください。

ホットヨガカルドの割引

ホットヨガカルドは、他のホットヨガスタジオと比較しても利用料金は安いほうです。カルドを利用するにあたって、料金は安いに越したことはないですよね。

カルドでは新規利用者を増やすためにいろんなキャンペーンを行っています。また、店舗ごとに料金やキャンペーン内容などが違うこともあるので、店舗のブログやSNS、WEBサイトを確認するのもお忘れなく。

以下では、現在実施中のものから、過去に行われたものまで、カルドであった割引についてまとめています。

入会キャンペーン

ホットヨガカルドでは、ほぼ年中入会キャンペーンを行っています。

入会キャンペーンとは、初めてカルドに入会する人は、入会金・事務手数料・初月会費が無料になるというものです。

さらに店舗によってはオプションが2ヵ月無料になるなど、かなりお得なキャンペーンとなっています。

キャンペーン適用には条件もあるので、入会時に店舗で確認することをおすすめします。

学割

ホットヨガカルドの一部店舗では、学生会員になれるところもあります。

学生証を提示して入会すると、卒業するまでの間、学割料金で通うことができます。

例えば、ホットヨガカルド池袋店ではフルタイムが10,260円ですが、学生会員だと同じ内容で7,560円で通うことができ、2,700円のお得になります。

学校が近くにある店舗に採用されていることが多いので、学生の人は近くの店舗で確認してみてください。

乗り換えキャンペーン

他のホットヨガスタジオやスポーツジムなどから、カルドに乗り換える人を対象に、割引キャンペーンが行われている場合があります。

ジムやホットヨガスタジオなどは、だいたい人の集まる場所にオープンさせますから、ライバル会社が近くにあるということは多いですよね。

今通っているジムやホットヨガに不満があって、カルドのほうが良さそうという場合は検討してみてもいいでしょう。ただ店舗によってキャンペーンの有無は違いますので確認して下さい。

友達紹介キャンペーン

ホットヨガカルドに通い始めて、友達にも薦めたいとか、友達もやりたがっているという場合、友達紹介キャンペーンがお得です。

友達紹介キャンペーンは、紹介者も新規入会者にも特典があるので、どちらにもお得な内容になっています。

ただ、ホットヨガのレッスン中は私語厳禁なので、友達と一緒に行ってもしゃべることはできませんよ。

キャンペーンの有無は店舗ごとに異なるので、友達紹介キャンペーンがあるかどうかは店舗で聞いてみてください。

ダイナースクラブカード新規入会キャンペーン

クレジットカードを新しく作りたいという人には、ダイナースクラブカード新規入会キャンペーンがお得です。

一部の店舗でしか行われておらず、人数も限定ではありますが、新規にダイナースクラブカードに入会して、カルドの月会費をそのクレジットカードで支払うことで特典を受けられるというものです。

例えば月会費が毎月安くなったり、オプションが無料でつかえたりなど、年間で換算すると数万円お得になるということです。

主婦でも申し込めるということなので、気になる人は受付で聞いてみてください。

グルーポンやホットペッパーのクーポン

ホットヨガカルドは店舗ごとにホットペッパービューティーに登録されています。

店舗によってはクーポンを発行している場合があり、加圧ジム体験やダイエットパック、学生割引などのクーポンがあります。

クーポンだけでなく、店舗の写真やスタッフの雰囲気、ブログなどもあるので、店舗がどんな感じかわかるのもいいですよ。

また、過去にはグルーポンのクーポンサイトでも回数券などを販売していたこともあります。

ホットヨガカルドの支払いは口座引き落とし

ホットヨガカルドの月会費の支払い方法は口座引き落としのみとなっています。

そのため、入会時に身分証明証と金融機関のキャッシュカードと金融機関に届け印鑑が必要になります。

月会費の引き落としは毎月27日になっていて、27日が土日祝の場合は翌営業日となります。

ペイジー口座振替受付を利用すると手続きが簡単になって便利です。

クレジットカード払い

ホットヨガカルドでは月会費をクレジットカードで支払うことはできません。(一部提携ダイナースクラブカードは可)

しかし、入会時に必要な入会金や2ヵ月分の月会費などは、現金またはクレジットカードで支払うことが可能になっています。

最近は公共料金などもクレジットカードで払えるのは当たり前になっていますから、クレジットカード決済が使えないのは不便ですが、カード会社に支払う手数料を考えると仕方のないことかもしれませんね。

領収書の発行

経費でホットヨガカルドに通うケースは、あまりないケースですが、家計簿などをつけるために領収書が欲しいということもあります。

基本的に月会費は口座振替で引き落とされることになっているので、その時点で領収書はもらえません。

引き落とされたあとに、直接店舗で領収書発行のお願いをすると発行してくれるようです。店舗によって対応が異なる可能性もあるので要確認です。

ホットヨガカルドでジムだけ利用できる?

ホットヨガカルドのジム

ホットヨガカルドには店舗によってフィットネスジムが併設されているところがあります。

ウェイトトレーニングマシンやランニングマシン、エアロバイクなど本格的なジムマシンが利用できます。

小規模なジムスペースの店舗では、ホットヨガ会員は自由にジムが使えます。一部、ジムスペースが本格的な店舗では、フィットネスジムだけを利用するプランが用意されているところもあります。

一般的なスポーツジムより安い設定なので、ホットヨガをやめてジムだけにしたいというニーズにも対応できます。

ホットヨガカルドの岩盤浴利用

岩盤浴

ホットヨガカルドの一部の店舗では、岩盤浴ができる設備が併設されているところがあります。

岩盤浴の利用は別途月額料金が必要になります。価格は店舗によって異なります。

また、岩盤浴だけに通えるプランも用意されているので、岩盤浴だけ通いたい人にもおすすめです。

岩盤浴はホットヨガと違って予約制となっていて、1度の予約で30分の利用となっています。店舗によっては特殊な「よもぎ蒸し」などの別料金の施術があるところもあります。

ホットヨガカルドの法人会員

ホットヨガカルドでは、法人契約することで法人会員システムを利用できます。

会社の経営者なら社員の満足度を上げるためや、社員の健康促進のために、ホットヨガを福利厚生にしてみてもいいと思います。

ホットヨガカルドのほかにグループであるINSPAリゾートなども法人契約が可能となっています。

詳しくはINSPA GROUPの法人会員サービスをご覧ください。

ホットヨガカルドの特別プラン「ダイエットパック」

ホットヨガカルドの一部の店舗では、ダイエットパックやダイエットパックEXといった、特別なプランが用意されているところもあります。

プランの内容や価格は店舗ごとに差がありますが、例えばマンツーマントレーニングや食事管理、ジムとホットヨガ通い放題、サプリの支給などが盛り込まれています。

短期間で絶対痩せたいという人をサポートして、結果にコミットしてくれるというわけです。もちろん料金はそれなりに高額になっていますが、ライザップよりは遥かに安いので「結婚式までに痩せたい」など緊急性のある人には良いでしょう。

ホットヨガカルドの物販

ホットヨガカルドでは、スタジオのほかにも物販スペースを設けているところもあります。

ヨガウエアやマット、飲料水やサプリなど、ホットヨガや美容・健康に欠かせない商品が並んでいます。

ミネラルウォーターなどは持っていくのが面倒な時や、忘れた時に買えるのは便利ですよね。特に物販の営業や勧誘などもないという口コミがあるので、売りつけられるようなことはないでしょう。



[ホットヨガカルド/評判]利用方法について

ホットヨガカルドの利用方法

ホットヨガが初めてという人はたくさんいるでしょう。

基本的にはスポーツジムなどとあまり変わりませんが、ホットヨガカルドならではの部分もあるので、利用するにあたって用意しておいた方がいいものや心構えなどを紹介します。

関連記事:ホットヨガカルドの通い方

ホットヨガカルドに通うときの持ち物

ホットヨガカルドに入会して通うようになった場合の持ち物は以下のようなものです。

ホットヨガカルド持ち物リスト
  • 【必須】会員証
  • 【必須】替えの下着
  • ヨガウエア
  • バスタオル2枚(床に敷く用とシャワー用)
  • フェイスタオル(汗拭き用)
  • 飲料水(1リットル以上)
  • スキンケアグッズ(メイク落とし、化粧水など)
  • シャンプー・ボディソープ
  • ヘアゴム(髪が長い人が束ねる用)

本当に忘れてはいけないのは、会員証と下着くらいです。あとは忘れても購入したりレンタルすることができます。

ホットヨガカルドではスタジオに床暖房があるので、ヨガマットは使用せず、温度を感じれるようにバスタオルを敷くようになっています。

アメニティは無い

ホットヨガカルドにはパウダールームはあります。シャワーをしたあと身支度などは可能です。

ただし、化粧水などはなく、あるのは綿棒とティッシュのみとなっています。シャワールームにもボディソープやシャンプーはないので持参する必要があります。

他のホットヨガスタジオにはアメニティが用意されている場合もありますが、月会費の安さがこの辺のコストカットになっていると思われます。

ドライヤーはある

ホットヨガは非常にたくさんの汗をかくので、シャワーを浴びるのは必須です。家が近所の場合はその限りではありませんが。

シャワーを浴びたらドライヤーで髪の毛を乾かす必要がありますが、さすがにドライヤーは完備されています。

もちろん数に限りがあるので混雑時には待ち時間がある場合もあります。ドライヤーを持参してもコンセントがあるとは限らないので、持ってくる必要はないでしょう。

忘れ物をした時

ホットヨガカルドで忘れてはいけないものは、会員証と替えの下着です。

下着は忘れても最悪、同じのを着用すればいいですが、会員証を忘れると大変です。ただ、身分証明書を持っていれば会員かどうかは確認できるので、1回くらい忘れても大丈夫という口コミもあります。

スタジオから持って帰るのを忘れたり、落とし物をした場合には受付で保管してくれます。

ホットヨガカルドは整理券システム

ホットヨガカルドはホットヨガスタジオとしては珍しく、予約制ではありません。

行きたいと思い立った時にいつでも行くことができます。

ただ、もちろん混雑することもあるので、レッスンの30分前から整理券が配られるレッスンもあります。

通っていくうちに人気のあるレッスンや混雑する時間帯がわかってくるので、そういうレッスンを受ける場合は早めに行きましょう。

ホットヨガカルドのレッスン時間

ホットヨガカルドのひとつのレッスンあたりの時間は60分になります。

レッスンの流れとしてはウォーミングアップ~ポージング~瞑想というような感じです。

他のホットヨガスタジオでも1レッスンは60分のところがほとんどで、やはり高温の部屋で運動をするのは60分以上行うのは体に負担が大きいということでしょう。

ホットヨガカルドの人数


スタジオの立地や時間帯によっては、かなり混雑するという口コミもあります。

とくにホットヨガカルドは予約制ではないので、できるだけスタジオに詰め込んでしまう傾向にあるようです。

どれくらいの人数が通っているのかは、非公表ですが、体験レッスンの時に自分が通いたい時間帯に行ってみて確認するのも一つの方法です。

年齢層

「周りが若い人ばかりで浮かないかしら」「周りがおばさんばかりだったらどうしよう」

習い事をするのに通っている人の年齢層が気になるという人もいるでしょう。

ホットヨガに関しては年齢は幅広くなっています。30代、40代の女性が一番多い層ですが、20代や50代の人もいます。

どちらかと言えば、通う時間帯で年代が偏るので、夜は仕事帰りの20代・30代が多くなり、昼は30代・40代の主婦が多くなるというイメージです。

ちなみに高校生など10代の未成年の場合は、親の同意書があれば入会は可能です。

ホットヨガカルドの女性専用スタジオ

ホットヨガは女性のイメージですが、男性の会員も少なくありません。ただ、女性にとって男性の目が気になるという人もいるでしょう。

そういう人は「女性専用スタジオ」を選んで通えば大丈夫です。全国の店舗の6割くらいは女性専用スタジオになっています。

女性専用スタジオなら、メイクを完全に落としても気にならないし、ヨガにも集中できます。

男女共用スタジオでも、男性の人数は少ないので、スタッフにどれくらい男性がいるのか聞いてみるのもいいかもしれません。



[ホットヨガカルド/評判]効果について

ホットヨガカルドの効果

ホットヨガには女性に嬉しい効果がたくさんあります。

運動不足の解消だけでなく、代謝のアップや美肌、むくみや冷えの改善、肩こりなどの緩和などが期待できます。

基本的なホットヨガでも十分に効果がありますが、目的に合わせてレッスンを選ぶと、より効果が実感できるでしょう。

関連記事:ホットヨガカルドの効果

ホットヨガカルドの温度設定

ホットヨガはその名の通り、暑いスタジオでヨガをやることで、発汗作用を高めます。

ホットヨガカルドでは、筋肉を伸ばしやすくなる35℃~40℃で、湿度は55%で設定されています。

これは汗を適度に出しつつも、肌が乾燥せず蒸発させるのに最適な設定で、不快感なくヨガができるようになっています。

また、レッスンによっては「常温」や32℃~34℃くらいの「ゆるホット」という温度設定のレッスンもあります。

床暖房

ホットヨガカルドの特徴のひとつに、遠赤外線床暖房を備えているということがあります。

遠赤外線は身体の芯まで温める効果があり、体内温度をゆっくりと上昇させ、血流促進や代謝促進を活発にしてくれます。

また、遠赤外線で温まった体は冷えにくく、冷えなどの改善にも効果が期待できます。

ホットヨガカルドのプログラムの評判

ホットヨガカルドのレッスンプログラムは20~30種類ほどあります。

基本のベーシックなものから、ダイエット目的、リラックスや癒し目的、身体の部位をピンポイントで鍛えるなど、多種多様に用意されています。

同じポーズばかりしていては飽きるというイメージがありますが、実際にはいろんなレッスンから選べるので飽きずに長く楽しめるという口コミも多いです。

基本のベーシックヨガなど

ヨガをほとんどしたことが無いという人は、基本のポーズで運動量もそれほど多くないプログラムを選ぶと良いでしょう。

体験レッスンを受ける時にも、以下の基本のプログラムがおすすめです。

レッスン名 難易度 説明
ビギナーヨガ 基本的な難易度の低いポーズで、ヨガの基本的な呼吸法や瞑想について知ることができるレッスン
ベーシックヨガ ★★ ビギナーヨガよりポーズ数が多くなり、太陽礼拝のポーズや動きが加わっています。初めてでも安心して受けられるレッスン
ハタヨガ ★★ ハタヨガは深い呼吸を重視し、基本となる呼吸法を知ることができます。初心者でも無理なく参加できるレッスン

ダイエット向きのプログラム

ホットヨガでのダイエットは、脂肪の燃焼、インナーマッスルの引き締め、筋肉の引き締めなどによって叶えられます。

脂肪を燃焼させるには運動量が少し多くなり、筋肉を引き締めるためには筋肉に負荷をかける必要があります。

以下に紹介するプログラムはヨガというよりエクササイズよりのプログラムになります。

レッスン名 難易度 説明
ダイエットヨガ ★★ 二の腕、ヒップ、脚、お腹周りが気になる人にピッタリの脂肪燃焼を目的としたレッスン
美脚ヨガ ★★ 脚を引き締めるためのポーズを中心としたレッスン。冷えやむくみの原因を取り除き、引き締まった美脚を目指します。
ピラティス ★★ ヨガをルーツにしたエクササイズで、激しく動くわけではなく、じっくりとインナーマッスルにアプローチしシェイプアップを目指すレッスン
ヨガラティス ★★★ ヨガの良いところとピラティスの良いところを融合したフィットネスプログラム。インナーマッスルを活性化させます。
バレエストレッチ 女性らしいしなやかなボディをつくるストレッチを中心としたプログラム。身体を柔らかくしたい人に
スリムアップヨガ ★★★ 身体を引き締めることを目的としたヨガポーズが中心のレッスン。基礎代謝を向上させ太りにくい身体を目指します。
シェイプアップヨガ ★★★ バランスの良い身体づくりを目指し、脂肪燃焼を効果的に行うレッスン。運動量はやや多めに設定されています。
美ボディシェイプヨガ ★★ ボディラインにメリハリをつけたい人や、体型をキープしたい人におすすめのレッスン
脂肪燃焼ヨガ ★★ より脂肪燃焼に重きをおいて、運動量の多いポーズで構成されたレッスン。ダイエットをしたい人におすすめ
ボディメイクヨガ ★★★ 体幹に働きかけるポージングと、筋トレを融合したフィットネスプログラム。体力をつけたい人におすすめ
ボディアートヨガ ★★★ ドイツ発祥の運動プログラムで、ヨガとピラティスを合わせ、身体を緩める動きと引き締める動きがバランスよく設定されています。
やさしいパワーヨガ ★★ パワーヨガの初心者向けバージョンです。運動量は多くても難度が低いポーズで構成されています。
パワーヨガ ★★★ 運動量が多く、アクティブでパワフルな動きが中心の難度が高めのレッスン。ヨガに慣れてきた人におすすめ

癒しのリラックスヨガなど

ホットヨガはダイエットや運動不足の解消、ボディメイクの目的も多いですが、ヨガの本質である瞑想やリラックスなど、心を整える効果も期待できます。

以下のレッスンは特にリラックスや癒しなど、心に働きかけるプログラムになります。

レッスン名 難易度 説明
リラックスヨガ ストレスが溜まっている人向けで、心を穏やかにする呼吸法とポーズで、深いリラックス効果を得られるレッスン
ヒーリングヨガ リラックスヨガより動作があり、心と身体をバランスよくほぐしていくレッスン。自分自身と向き合いたい人におすすめ
リセットヨガ ★★ 深い呼吸を意識し、瞑想に重きを置いたレッスン。運動量もあるので運動不足の身体をほぐし、疲労やストレスを回復してくれます。
陰ヨガ 陰ヨガとは一つのポーズを3~5分維持するヨガです。身体をほぐし、深い呼吸で心がリラックスできます。

ストレス解消のリフレッシュヨガなど

身体を動かすことと、心に向き合うことで、疲労やストレスから解放させてくれるプログラムもあります。

レッスン名 難易度 説明
モーニングヨガ 朝の時間帯に目覚めをスッキリさせ、身体を内側から元気にしてくれるレッスン。健康的な一日が始められます
リフレッシュヨガ 日常生活の疲れや緊張をヨガの動きでほぐしていくプログラムです。身体をほぐすポーズで心身共にリフレッシュできます。
ハタフローヨガ ★★ ヨガの基本的なポーズを中心としながらも、呼吸と流れるような動きで運動量もそこそこあるレッスン。ボディメイクにも最適
フローヨガ ★★ ポーズからポーズへの展開が早く、運動量が多いエクササイズ寄りのレッスン。気持ちよく運動ができます。
ヴィンヤサヨガ ★★★ アメリカで生まれた革新的なヨガで、流れるようにポーズが変化するのが特徴です。エクササイズ要素が強いレッスン

代謝に良いデトックスヨガなど

代謝は体内の毒素を排出したり、肌の細胞を生まれ変わらせることや、カロリーを消費する基礎代謝など、健康的な身体づくりには欠かせません。

ホットヨガは身体を温めながら運動することで、生命活動を活発化し、代謝のめぐりを良くしてくれます。

レッスン名 難易度 説明
代謝アップヨガ ★★ 代謝アップを促すポーズを取り入れたレッスン。むくみや冷え、身体のだるさを感じる人におすすめ
デトックスヨガ ★★ デトックス効果の高いポーズを多く取り入れたレッスン。血流やリンパの循環が良くなり、肩こりやむくみの改善におすすめ
リンパヨガ デコルテや脚の付け根、膝裏などリンパが滞りやすい場所にアプローチするヨガポーズでめぐりを良くします
ストレッチヨガ 股関節周りなど普段動かさない部位にアプローチするポーズで、身体のコリや滞りがちなリンパをほぐすレッスン。
ビューティーヨガ ★★ 血液やリンパの流れを促進し、ホルモンバランスを安定させ、美肌やたるみ改善などを目的としたプログラムです。
アンチエイジングヨガ 加齢によって衰えやすい筋肉や、固まった骨格や関節をほぐし、身体の内側から基礎代謝を向上させるプログラムです。

不調を改善するヨガプログラム

デスクワークやスマホなどで悪くなった姿勢や歪んだ骨格などを調整するためのプログラムもあります。

運動不足を解消しながら女性らしいしなやかで整ったボディメイクができます。

レッスン名 難易度 説明
姿勢改善ヨガ ★★ 正しい姿勢に導くために必要な筋肉の緊張をほぐすポーズを取り入れたレッスン。
体質改善ヨガ 新陳代謝を高めて、血液循環の促進をするポーズを中心にしたレッスン。
ボディコンディショニング 呼吸とともにダイナミックに身体を動かすことで、緊張した筋肉をほぐしていくレッスン。
肩甲骨ヨガ 首や肩のコリなどの原因となる肩甲骨周りの筋肉をほぐすポーズを中心にしたプログラム。
骨盤コンディショニングヨガ ★★ 骨盤のゆがみを整えるために、骨盤や股関節周りの筋肉を動かすポーズを多く取り入れたプログラム
アナトミック骨盤ヨガ 股関節や骨盤周りをほぐすポーズを長く維持してゆっくりと筋肉を伸ばしていくプログラム
ルーシーダットン タイで伝承されてきた身体のゆがみにアプローチするプログラム。リラクゼーションや体調を整えるポーズが中心です。
KaQiLa 運動が苦手な人やヨガ初心者でも楽しめる運動プログラムでダイナミックな音楽に合わせてポーズをとっていきます。

※上記で紹介したプログラムの難易度は各店舗によって表示が異なっているのでスケジュールで確認してください。

ホットヨガカルドの特別レッスンの評判

ホットヨガカルドの特殊プログラム

ホットヨガカルドの公式サイトにはプログラムが掲載されていますが、店舗ごとにインストラクターが考案したオリジナルのプログラムがある場合もあります。

例えば、ベリーダンス、エアリアルヨガ、ハワイアンフラ、ボクササイズなど、その店舗のお客さんの層やニーズに合わせたプログラムがあるのです。

ヨガのレッスンが飽きないように工夫されているのも評判が良いポイントです。

朝ヨガ・早朝ヨガ

朝一番にウォーキングやジョギングをすると一日がスッキリと元気よくスタートできますよね。

ホットヨガカルドでは、一部店舗で早朝7:30から「早朝ヨガ」を実施している店舗があります。

仕事に行く前や一日の始まりをスッキリしたい人におすすめで、朝活としても人気があります。

そのほか、「朝活ヨガプラン」という朝のレッスンだけ参加できる料金プランがある店舗もあります。

ノーカウントレッスンの温活タイム

ホットヨガカルドの一部の店舗では「温活タイム」という、ただただ身体を温めるだけのプログラムがあります。

これはカルドの遠赤外線の床暖房を利用したプログラムで、床の上に横になり身体を温めることで女性特有の冷えやめぐりを改善するというものです。

このプログラムはノーカウントレッスンになっていて、利用回数に含まれないので、レッスン前後に受けるのがおすすめです。

ホットヨガカルドは男性にも評判

メンズホットヨガ


ホットヨガカルドは男性も通える店舗があります。店舗全体の4割くらいは男女共用スタジオになっています。

男性も汗をかいたり、インナーマッスルを鍛えることで、体幹が鍛えられて姿勢が良くなりますし、パワーヨガなどでたくましい筋肉をつけることも可能です。

普通のスポーツジムでは味わえない美肌や代謝も実感できるのでおすすめです。

ホットヨガカルドにはマタニティヨガは無い

ホットヨガカルドには残念ながらマタニティヨガはまだありません。

マタニティヨガは妊娠中の女性に負担がかからないようなポーズで、妊娠中の運動不足を補うようなヨガです。

ホットヨガカルドに通っている間に、おめでたく妊娠した人は一時休会か退会などをして、産後にまた始めるというのがいいかもしれませんね。

関連記事:ホットヨガカルドの退会

[ホットヨガカルド/評判]安全に取り組むための注意

暑い

「ホットヨガってのぼせそう・・・」

「サウナみたいなところで運動しても大丈夫?」

ホットヨガをしたことがない人にとって、安全性というのは気になるところですよね。

ホットヨガカルドに通うにあたって、ケガや身体を壊さないように注意するべきこともあります。

関連記事:ホットヨガカルドの副作用

ホットヨガカルドは暑いので注意点もある

ホットヨガは室温を38℃~40℃程度にあげて、そのなかでヨガなど身体を動かす動作を行います。

湿度こそ抑えられているので、日本の真夏のジメジメした感じではなく、快適に汗をかける環境にはなっています。

しかし、それでも身体への負担はあり、体力を消耗することには変わりないので、水分補給など脱水しないように気を付ける必要があります。

また、体調の悪い時にホットヨガをすると、より脱水しやすく頭がぼーっとしたり、熱中症に似た症状が出ることもあるので、健康な状態で行うのが基本となります。

ホットヨガカルドで衛生面に気を付けよう

ホットヨガカルドは銀イオンスチームで湿度を調整しています。

銀イオンスチームは雑菌などの繁殖を防いで、スタジオの空間内を清潔に保ってくれます。

衛生面では、ホットヨガはかなりの汗をかくので、使用したタオルやヨガウェアなどは、ビニール袋など密封できるものに入れて持ち帰るのが良いでしょう。

汗は雑菌が繁殖しやすいですから、ニオイの原因にもなるので、早めに洗濯して、できれば天日干しをすると良いでしょう。



ホットヨガスタジオ比較

大手のホットヨガスタジオなら、大きな駅の近くにはたいていスタジオを構えていることが多いです。

やはり通いやすいというのが一番なので、「近いスタジオ」を選ぶのがいいですが、近所にいくつかあるなら比較してもいいでしょう。

スタジオ数が全国に多い順に紹介していきます。

ホットヨガLAVA

テレビCMでもおなじみのホットヨガスタジオLAVAは、全国に400店舗以上あるので一番近くで見つけやすいスタジオと言えるでしょう。

体験レッスンもリーズナブルな料金で行っており、レッスンプログラムも初心者用から上級者用まで豊富に揃っています。

男女共用のスタジオも一部あるので、女性のみのスタジオを探している場合はその点をよく確認してください。

Yoga Plus(ヨガプラス)

主に東京と大阪を中心に展開しているヨガスタジオです。

ホットヨガとヨガ(常温)の両方ができるスタジオがあり、グループレッスンも少人数なので大手スタジオより丁寧に指導してくれます。

さらにプライベートレッスンコースもあり、周囲の目を気にせずに自分に合ったプログラムをマンツーマンで受けることも可能です。

基本的には男女共用のスタジオになります。

溶岩ホットヨガスタジオ Lala Aasha(ララアーシャ)

東京で10店舗以上展開している溶岩ホットヨガスタジオです。

他のホットヨガスタジオと違うのは、床に敷いた溶岩石を温めることで室温を上げ、遠赤外線でじんわりと身体を芯から温めることです。

そして少人数制なので丁寧なヨガレッスンを受けることができます。

男性は男性専用クラスとなり、女性は女性だけのレッスンで安心です。

ビクラムヨガ

ビクラムヨガはホットヨガの元祖と言われ、全世界に1600以上ものスタジオがあります。

日本ではまだ東京、大阪、京都に4スタジオしかないですが、世界のスタジオと同じカリキュラムのレッスンが受けられます。

レディーガガやモデルの梨花など、セレブも利用する有名なスタジオです。