ホットヨガカルドを退会するときの注意点

ホットヨガカルド退会

ホットヨガカルドを何らかの理由で退会する場合、いくつか注意しておきたい点があります。

ホットヨガが飽きた、または妊娠やケガ、経済的理由などの事情で退会せざるを得ない場合の、退会や休止方法をまとめました。

カルド退会時の注意1.キャンペーン適用期間

ホットヨガカルドでは入会キャンペーンを随時行っていることが多いです。

入会キャンペーンは入会金が無料になったり、月会費が2ヵ月分安くなったりと大変お得になっています。

しかし、これらのキャンペーンを適用するためには、例えば6ヵ月の契約を約束するというような「縛り」があります。(期間は店舗により異なる)

縛り期間中に退会をする場合、違約金として、キャンペーンで割引になった分のお金を支払う必要があります。

つまり、本来「キャンペーンがなかったら支払うはずだったお金」を払わなければならないというわけです。

例えば、入会金無料で2ヵ月間2980円で通えるキャンペーンで6ヵ月縛りの場合に、4ヵ月で退会する場合は以下の割引額を支払う必要が出てきます。

金額 割引額
入会金等 0円 5400円
1ヵ月目 2980円 6200円
2ヵ月目 2980円 6200円
3ヵ月目 9180円 0円
4ヵ月目 9180円 0円
割引額合計 17800円

この場合は17800円支払うことになります。

6ヵ月まで我慢して在籍すると、あと2ヵ月分の会費18,360円が必要なので4ヵ月までなら違約金を払うほうが損は少ないです。

5ヵ月で退会を考えている場合は、残り1ヵ月分の会費9,180円のほうが、違約金より安いですから1ヵ月我慢したほうが良いでしょう。

カルド退会時の注意2.クーリングオフはできない

クーリングオフは、訪問販売などか、一定のサービスを継続的に提供している場合にできます。エステサロンは対象のサービスですが、ホットヨガは、どんなものかによりますが、エステサロンのように、痩身などのために店側が施術をするというものとは違うと思われ、そうであれば、クーリングオフはできないと思います。
また、キャッチセールスやアポイントメントセールスの結果、お店で契約したのであれば、訪問販売として、クーリングオフができます。ー引用:弁護士ドットコム

体験レッスンを受けたノリで入会してしまったけど、やっぱり退会したいという場合でも、上記のようにクーリングオフは難しいでしょう。

ホットヨガカルドはキャッチセールスや勧誘などで入会するのではなく、自発的に体験レッスンに申し込んで、自分の意志のみで入会するわけですから、契約を交わしてしまったらクーリングオフはできません。

入会するときには十分に必要か考えてから申し込みをするようにしましょう。

カルド退会時の注意3.退会は早めに申告しよう

ホットヨガカルドの退会を考えた場合、申告したら即刻退会できるわけではありません。

月会費を支払うサイクルがあるので、その「締め日」までに申告しないと、当月の退会はできなくなります。

締め日は店舗ごとに異なっているので、入会時に確認しておきましょう。

例えば締め日が毎月10日の場合は、9日までに退会を申告すれば当月末に退会となり、10日以降に退会を申告した場合は翌月末の退会になります。



ホットヨガカルドの退会・解約方法

ホットヨガカルドを退会する方法は、通っている店舗のフロントにて、所定の書面に記入して申告することで行えます。

逆に言えばそれ以外の方法は受け付けていません。

口頭で退会することもできませんし、電話やファックスで退会することもできません。さらにインターネットの問い合わせや、郵送などでも退会はできないので注意しましょう。

また、入会キャンペーンを適用している場合に、在籍約束期間以内に退会する場合は違約金が発生します。

ただし、妊娠やケガなどやむを得ない理由の場合は、違約金を支払う必要はありません。その時には母子手帳や医師の診断書などの提示が必要になります。

関連記事:ホットヨガカルドの口コミ

ホットヨガカルドの休会方法

休会というのは会員として籍を残しておくけど、施設の利用はしないという状態のことです。

休会の手続きは退会と同じように、通っている店舗で書面に記入してのみ受付しています。

また、休会は最長3ヵ月間となっています。休会中も月会費が1,080円かかることにも注意が必要です。

さらに、休会も退会と同じように締め日の前に申告しないと当月末で休会することができません。

ホットヨガカルドに再入会する方法

一度ホットヨガカルドを退会してしまって、やっぱりもう一度ホットヨガカルドに通いたいという場合は「再入会」ということになります。

ホットヨガカルドを退会すると、退会月から3ヵ月は再入会できないことになっています。

また、再入会時には紹介特典や入会キャンペーンなどが適用されないため、入会金や事務手数料がかかります。

ただし、退会から6ヵ月以上経過している場合は、店舗によってはキャンペーンが適用になる場合があるので、確認してみましょう。

再入会の店舗が、以前通っていた店舗ではない場合は、「新規入会」扱いになるので、体験レッスンもキャンペーンも適用されます。

[ホットヨガカルド/退会]入会申し込み方法

ホットヨガカルドに入会する方法は、大きく分けて2つあります。一つは体験レッスンを受けて、その場で入会する方法です。もう一つはWEBで入会予約をして、予約日時に店舗に行って入会する方法です。

体験レッスンから入会するには、まずホットヨガカルドのWEBサイトより、通いたい店舗を探して、その店舗のスケジュールから受けたいレッスンを選択して予約します。

そして、体験レッスンを受けた後に、入会の意思が決まればそのまま手続きをします。

WEBでの入会予約の場合は、ホットヨガカルドのWEBサイトより、通いたい店舗を探して、入会予約ページから必要情報を入力し、入会手続きをしたい日時を決めて送信します。

あとは、予約した日時に該当店舗に行って手続きをします。

申し込みに必要な持ち物
  • 初期費用(入会金、月会費2ヵ月分など)
  • 身分証明証
  • 金融機関のキャッシュカード
  • 金融機関のお届け印

あと、店舗によってはWEB上だけで入会手続きが完了する「らくらくWEB入会」があるところもあります。

ホットヨガカルドの入会日のタイミング

ホットヨガカルドの利用開始日は、入会手続きをした日ではありません。

実は利用開始日は毎月1日か16日かを選べるようになっています。これは月会費を計算しやすくするようにするためです。

1日開始の場合は初月月会費は満額になりますが、16日開始の場合は初月月会費は半分(半月分)になるというわけです。

ただ、入会キャンペーンで月会費が安くなっている場合、1日開始にしたほうが半月多くお得に利用できるので、少しお得感があります。

といっても少額ですから、好きなタイミングで利用開始するのが良いでしょう。

[ホットヨガカルド/退会]お問い合わせ先

ホットヨガカルドへのお問い合わせは、基本的には店舗ごとにお問い合わせをすることになります。

料金やスケジュールなどは店舗ごとに異なるので、対応は店舗単位で行われているからです。

お問い合わせで確実なのは電話となります。ホットヨガカルドの各店舗のWEBサイトに電話番号が掲載されているので、その番号から問い合わせします。

また、「よくある質問」ページには、問い合わせが多い内容があらかじめ記載されているので、一読しておきましょう。

残念ながらWEBフォームなどのお問い合わせが無いので、電話以外のお問い合わせ方法はありません。

しかし、店舗によってはtwitterやInstagram、facebookページなどがあるので、そこからメッセージを送ることは可能です。ただ、返信が必ず来るかどうかはわかりません。

[ホットヨガカルド/退会]店舗数の増減

ホットヨガカルドの店舗数は2019年5月現在で79店舗となっています。

関東地区が最も多く、東京だけで29店舗、関東全域では52店舗となっています。

次に多いのが関西地方で12店舗となっています。

2018年は、毎月平均2店舗ずつ増加しているくらい勢いがあり、ホットヨガ業界でもシェア第2位となっています。

今は近所にカルドが無くても、そのうちどんどん店舗が増えて、近くにオープンする可能性はありますよ。

[ホットヨガカルド/退会]営業時間や休館日

ホットヨガカルドの営業時間や休館日は店舗ごとにバラバラです。

これは都市部か郊外、地域によって利用者の年齢層やライフスタイルが異なるためです。

都市部では仕事帰りに通う人が多いから23時まで営業していたり、逆に郊外では主婦が多いので朝9時から営業するといった具合です。

店舗によっては早朝7時からオープンしているところもあります。

休館日も店舗によって異なります。毎週決まった曜日に休みのところもあれば、毎月同じ日(10日と22日など)に休むといった具合です。

年末年始やゴールデンウイークの営業

大型連休やお盆、正月の営業をしているか気になりますよね。

実はこれも店舗によって営業日時や時間が大きく異なっており、通っている店舗に問い合わせるしかありません。

連休の2か月前くらいになると、店舗のWEBサイトのお知らせ一覧に、休館日や営業時間の情報が更新されます。

ゴールデンウイークなどはそんなに休館することはないですが、営業時間は祝日扱いになるところが多いようです。

年末年始はほとんどの店舗で休館しています。

[ホットヨガカルド/退会]運営会社とグループ

ホットヨガカルドの運営会社は、INSPA GROUP(株式会社INSPA)というところが経営しています。

設立: 株式会社ロックスより、新設分割
代表者: 代表取締役 : 中島 一郎
従業員数: 230名(アルバイト、契約インストラクター含め1,980名)
本社所在地: 〒 105-0013  東京都港区浜松町1-30-5 浜松町スクエアStudio1503
事業内容: ◆リラクゼーション施設の企画・運営
◆清涼飲料水の企画・販売・製造
◆飲食店の経営
★「健康サービスのプロバイダー」としてフィットネスクラブに今までにないコンセプトやサービス、設備を取り入れて、健康のみならず、癒しや美しさ、楽しさを提供しています。
・フィットネス&リゾート「INSPA」
・ホットヨガスタジオ「CALDO」
・フィットネスジム「H!M(エイチエム)」 -引用:doda「株式会社INSPA会社情報」より

元々はスパリゾートとフィットネスが融合した大型温浴施設「INSPA」を運営していて、女性の美と健康をコンセプトに、フィットネスジムやホットヨガカルドなど、いろんな事業展開をしています。

そのほか女性のための健康食品や、飲食店など多岐にわたって事業を拡大していっています。