ホットヨガカルドに通う頻度を決めるポイント

ホットヨガカルドに通う頻度

ホットヨガカルドに通う頻度はどれくらいがいいでしょうか?

毎日行った方がいいのか、週1回、週2回くらいがいいのか、迷いますよね。

結論から言えば、自分の目的やライフスタイルに合わせて自由に通えばOKです。

ホットヨガ経験者から言えるポイントとしては、「目的意識を持つ」「決まった日時に行く」「無理をしない」ということを意識すると継続しやすいと思います。

 

[ホットヨガカルド/頻度]目的意識を持ってスケジュールを決める

ホットヨガカルドに通うと決めた人は、ダイエットや美容、運動不足解消など何かしらの目的があると思います。

ホットヨガカルドに通うことで、以下のような効果が期待できます。それをきちんと目的として設定することで、通う頻度やスケジュールは決めやすくなります。

ホットヨガで期待できる効果
  • ダイエット・部分痩せ
  • スタイルアップ・ボディメイク
  • むくみや冷えの改善
  • 肩こりや姿勢の改善
  • 便秘の改善
  • 美肌
  • リラックス、癒し
  • 運動不足解消

継続して通えば上記の効果は得られやすくはなりますが、ダイエットやボディメイクなどはカロリーや運動強度、回数などを意識したほうが良いでしょう。

ホットヨガは通うだけで綺麗になれるわけではありません。目的や目標を持って、取り組み方を工夫すると早く効果的に綺麗になれますよ。

[ホットヨガカルド/頻度]できるだけ決まった曜日や時間に通う

英会話でもジムでも習い事というのは、決まった曜日に行くと決めないとなかなか続かない人もいますよね。

強い意志を持っていればいいのですが、スタジオが遠いとか、仕事が忙しいとか、何かに理由を付けて足が遠のいてしまうこともあります。

そういう意思が弱い人や飽きやすい人は、無理やり習慣化してしまうのがおすすめです。

とくにホットヨガカルドは予約制ではないので、当日行きたくなかったら全然行かなくても問題ありません。

だから、自分で通う曜日を決めて、スケジュール帳や予定表にしっかりと書き込んで、自分に言い訳できないようにしましょう。

慣れてくると逆に行かないのが気持ち悪くなってきますよ。

[ホットヨガカルド/頻度]ライフスタイルに合わせる(無理をしない)

早く痩せたいからと無理やり毎日通うというのはおすすめしません。

仕事があったり、育児や家事をする中で、余裕を持って通うようにしましょう。

身体が慣れるまでは週に1回でも構いません。大事なことはホットヨガが嫌いにならないこと、楽しく通えることです。

ホットヨガはリラックス効果やストレス解消の効果もあるので、仕事や育児・家事に疲れたときに行けるといいですよ。

また、スタジオによっては時間や曜日によって混雑しているところもあるので、その辺は体験レッスンなどの時に確認しておくといいでしょう。

 

[ホットヨガカルド/頻度]目的別レッスン選びや頻度の決め方

ホットヨガカルドに通うにあたり、ダイエットやスタイルアップなど、目的や理想があるでしょう。

その目標を明確にすることで、どのレッスンをどれくらいの頻度で受ければいいのかがわかってきます。

できれば具体的にいつまでにどれくらい痩せるなど目標を決めて取り組みたいですね。

ホットヨガカルドでボディメイクが目的のレッスンや通う頻度

ホットヨガカルドにダイエットやスタイルアップを目的で通う場合には、カロリー収支を考えたほうがいいでしょう。

体重を減らすには単純に食べ物から得られるカロリーより、基礎代謝や運動で消費するカロリーが上回ればいいからです。

ホットヨガカルドのレッスンは、60分で約300kcal以上消費できるようになっています。

そのうえで、痩せたい部位や減らしたい体重によって、美脚ヨガやパワーヨガなどを選べば良いでしょう。

ホットヨガカルドに通う前の食事内容で体重が減りも増えもしていない場合は、摂取カロリーと消費カロリーが同じくらいと考えられるので、ホットヨガで消費カロリーを増やせばダイエットできます。

その場合、食事の量は増やしてはいけません。できれば少し減らすくらいにすると良いでしょう。

脂肪1kg落とすのに必要なカロリーは7200kcalなので、ホットヨガカルドのレッスン回数でカウントすると24回分です。

週2回通えば12週間(3ヶ月)、週3回通えば8週間(2か月)で1kg痩せられる計算になりますよ。

ホットヨガカルドで運動不足や体調改善目的のレッスンや通う頻度

運動不足やむくみや冷え、肩こりなどの緩和目的でホットヨガカルドに通う場合は、それぞれの悩みに応じたデトックスヨガやリンパヨガなどを受けると良いでしょう。

または、ベーシックなハタフローヨガなどであれば、バランスよく体を動かすことができるので、有酸素運動代わりになって運動不足も解消されます。

厚生労働省が推奨する運動習慣は、週2回で30分以上とされているので、週2回しっかり通うことができれば健康的な身体づくりができるでしょう。(参考:厚生労働省「健康づくりのためのからだ活動基準」

ホットヨガカルドでストレス解消や癒し目的のレッスンや通う頻度

ストレスの解消やリラックスしたい人もホットヨガカルドに通うのはおすすめです。

ヒーリングヨガやリセットヨガなど、癒し専用のレッスンも用意されているので、疲れやストレスが溜まっているときに選択してみましょう。

ストレス解消の場合は通う頻度というよりは、疲れやストレスを感じたときに都度通うのがいいですね。

「週2回絶対行く」と決めることも大事ですが、それがプレッシャーや心理的負担にならないようにして、気が進まないときには癒しやリラックスの体に負担がかからないヨガをすることも考えましょう。

[ホットヨガカルド/頻度]通う時間帯を決める

ホットヨガカルドに通う場合、家事や育児、仕事などに支障のない時間帯に行くことも大事です。

せっかく運動不足解消やリラックスなどの目的で通うのに、精神的に負担をかけてまで行くというのは本末転倒ですよね。

また、時間帯によって来る客層も年代も変わってきますから、自分が空いている時間に来る他の客も環境が似ているので友達になったりすることもあります。

それからレッスンも時間によって変わってきます。これはスタジオに在籍する会員の年齢層などにもよりますが、年齢層が高めの時間帯は初心者用のレッスンが多かったり、夕方など若い層が多い時間帯にはパワーヨガなど強度の強いものが多かったりします。

[ホットヨガ]フルタイムで働く人の通いやすい時間帯

平日にフルタイムで勤務している人がホットヨガカルドに通う場合、仕事終わりの夕方から夜か、土日や祝日などになります。

ホットヨガカルドは店舗ごとに営業時間は若干異なりますが、ビジネス街や都心部にあるスタジオでは22時くらいまで営業しています。

ただ、店舗によっては混雑することもあるので、職場の近くのホットヨガカルドにするか、自宅の近くのホットヨガカルドにするかは悩みどころではあります。

体験レッスンなどで、実際に自分が通うであろう時間帯に行ってみて、客層や混雑具合を確認すると後で困ることはありません。

できれば週2回以上は通いたいところなので、1日は土日だとしても、平日にも通いたいですね。

[ホットヨガ]平日昼間は主婦などが通いやすい時間帯

子育て中のママや主婦の人、パートで短時間勤務の人は、平日の午前中や日中に通うことが多くなるでしょう。

子供がいると帰宅時間には家に居たいでしょうし、夜は夫や子供の晩御飯を作ったりしなければいけません。

土日や祝日もママや主婦は、家事や子供の世話などをしなければならないので、難しいことが多いです。

ホットヨガは毎日バタバタする家事や育児からも解放されて、ストレス解消やリラックスしながら、美と健康を追求できるので、主婦やママにもおすすめですよ。

[ホットヨガカルド/頻度]継続して通うために

ホットヨガの効果がわかっていても、モチベーションを持って通い続けなければ意味がありません。

スポーツジムなどでもありがちですが、入会したものの結局通わないというのはよく聞く話です。

継続させるには自分の意志も必要ですが、それ以外の部分でも工夫すれば継続しやすくできます。そのコツを紹介します。

ホットヨガの店舗は通いやすい場所を選ぶ

ホットヨガの店舗を選ぶ際に、「LAVAがいい」「カルドがいい」とか、「安いところが良い」という理由で選ぶとたいてい失敗します。

というのも、長く継続して通うにあたって最も重要なのが、「通いやすさ」つまり近いかどうかなのです。

自宅に近い、職場に近い、最寄り駅に近いなど、自身のライフスタイルの導線に合わせて選ぶのがポイントです。

月会費も気になりますが、安くて遠い店舗を選んで通わなければ、結局お金の無駄になってしまうので、あまりお金のことは気にせず近いスタジオを選ぶことをおすすめします。

ホットヨガカルドは動きやすい服装で通う

ホットヨガはスポーツジムで運動をするよりもたくさんの汗をかきます。

だから綿のTシャツなんて着ようものなら、ぐしょぐしょになって服が重たくなってしまうほどです。

それがあるので、できればナイロンやポリエステルなどのスポーツウエア素材でできた速乾性に優れているものを選びましょう。

また、ホットヨガは腕や脚を伸ばしたりする動作が多いので、肩回りやひざ周りが窮屈だと動かしにくくなります

そういう理由でホットヨガの服装はタンクトップやタイツが多かったりします。

ただ、ホットヨガを始めたばかりで体型をできるだけ隠したいという人は、動きに支障がないようなダボっとしたウエアにするといいでしょう。

ホットヨガウエア

ホットヨガカルドに通う事と食事の管理で効率アップ

ホットヨガスタジオでも言われることですが、レッスンの前後2時間は食事を摂らないほうが好ましいとされています。

レッスン直前の食事は単純に気持ち悪くなってしまうからという理由です。

レッスン後2時間というのは、血流や内臓の動きがホットヨガによって活性化されるので、養分の吸収率が大幅にアップするからです。

せっかくダイエットや体型維持のためにホットヨガに通っても、余計なカロリーを吸収して太ってしまっては意味がありません

ホットヨガカルド通い中はアルコールに気を付ける

アルコールはダイエットの妨げになることが多いので注意です。

思考能力が低下して食欲のブレーキがかかりにくいですし、意外に糖質が多いので太る原因になります。

ただ全く飲んではいけないということではないので、糖質を意識してお酒を選ぶといいでしょう。

ウイスキーやブランデー、ウォッカなどの蒸留酒は糖分がほとんどありません。

だから、最近ブームのハイボールなどはダイエットをしている人にはおすすめです。

あとは赤ワインも少量であれば糖質は低めです。アルコール度数が高いので量を飲まなくても満足度が高いです。

逆にダメなのは、ビールにリキュールを使ったカクテルや酎ハイ、梅酒などです。

これらは糖質が多いうえに、液体なので糖分を身体が吸収しやすいのでダイエット中は避けたいところです。